【MBTI・ソシオニクス】心理機能8つの解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MBTI、ソシオニクスは、人間を16タイプに分けて終わり、という理論ではないのです。

MBTI、ソシオニクスでは、
人間は皆、8つの心理機能を持っていて、性格タイプに応じてその強弱が変わる
と考えています。

しかし、それらの機能の解釈は抽象的で中々難しいです。

そこで今回は、この8つの心理機能について解説していきます!

Sponsored Link

8つの心理機能とは

MBTIには、
T(論理型) – F(感情型)
S(現実型) – N(直感型)
の2軸があります。

TとFの解説はこちら
SとNの解説はこちら

これら4つは、全て
・外向(外の世界へ向く)
・内向(自分の内部の世界へ向く)
のそれぞれの形で現れます。

したがって、4 × 2 = 8 で、以下の表のように8つの心理機能が存在するということになります。

外向 内向
T Te Ti
F Fe Fi
S Se Si
N Ne Ni

外向T Te

関連語

利益、効率、知識、有用性、テクノロジー、事実、功利主義

セリフ

まず何よりも現実。

人間は、効率的に働いて、物質的利益を生みださなければならない。

実現可能性のあるアイディアのみが価値がある。

解説

外的世界における、客観的かつ事実に基づいた情報を知覚し、今起きていることや、誰かの言動の、根拠・機能性を分析する。

Te主導の人にとって大事なことは、対象が、元来果たすべき機能を果たしているかということ。

誰かが、エネルギーを浪費したりすることなく目標を達成すれば、その人のことを効率的だと判断する。

それゆえ、全体の効率を悪くするような「ルールブレイク」的な行為には厳しく、容赦無く接する人が多いイメージ。

Teの人は、人や物事を、そういった尺度でもって判断する。

また外界の論理に従う能力でもあり、成果や、社会(=外的世界)の論理に敏感なため、社会的地位を得やすい。

Teを主機能とする、ENTJ、ESTJ は統計的に年収が高いようである。

一方で、一般的に「正しい」とされていることを、(時に盲目的に)「正しい」と考えがちな傾向もある。

タイプ別強さ

意識 無意識
ENTJ, ESTJ ENTP, ESTP
やや強 INTJ, ISTJ INTP, ISTP
やや弱 ENFJ, ESFJ ENFP, ESFP
INFJ, ISFJ INFP, ISFP

内向T Ti

関連語

分析、構造、科学理論、体系化、システム、分類

セリフ

世界は主観的な合理性、構造に落とし込むことができる。

世界の全てのものは、ある秩序とシステムに従わなくてはならない。

これは全てのものが依存する、コアである。

これがなければ全ては崩壊してしてしまう。

これを理解すること、そしてそれを発展、改善させることが重要。

解説

論理的な一貫性や正当性を認識する能力。

物事に対して、何らかの分類やシステムを生み出し、適用する。

また、体系的かつ概念的なことを理解する能力でもある。

物事の間の論理的な繋がり(論理的な類似性、相違点など)を認識する。

僕はINTPで、Ti主導が最も強いタイプなので、ソシオニクスにハマるのも納得です。
(人間の性格を構造化・モデル化している。)

Ti主導の人は、一般的に当たり前とされていることにも疑問を投げかける。

社会で正しいとされていることよりも、自分が正しいと思うことの方が、信用できると考えることが多いからである。

そのため、外部の情報源に頼るよりも、自分の経験と判断に基づいて意思決定をしようとする。

外部の情報源に頼るのは、どうしてもの最終手段として使う。

自分自身がそうであるためか、はっきりした意見を持っている人を尊敬する。

Teとは違い、実用性ということはあまり重視していない。

外向Tが機械の部品となって動くことだとすれば、内向Tは機械の仕組みを眺めて理解するようなイメージ。

タイプ別強さ

意識 無意識
INTP, ISTP INTJ, ISTJ
やや強 ENTP, ESTP ENTJ, ESTJ
やや弱 INFP, ISFP INFJ, ISFJ
ENFP, ESFP ENFJ, ESFJ

外向F Fe

関連語

感情、感情表現、情熱、ムード、元気、感情の影響力、素早い感情の反応

セリフ

全ての行動は喜怒哀楽などの感情に影響される。

感情が人間の行動を決める。

そのため、自分や他人の感情のコントロールが大事。

解説

情熱、ムード、感情の状態を認識して、他人にもそれを経験させる能力。

楽しい雰囲気、活気を生み出すことが得意で、何らかの活動に感情を使って関わり、他人もそれに巻き込む。

また、人と人の感情の交流を認識し、コミュニティ的感覚や、感情の一体感を生み出す。

Fe主導の人は、仲の良い雰囲気を作りだすのが好き。

何となくゆるい雰囲気が好きで、他の人を傷つけないようにやたらと気を付けなくても良いような状況を好む。

冗談を言われてもまともに受け止めることはなく、怒りっぽかったり、過敏にならないようにしている。

一方で、伝え方が受け取られ方に大きく影響することを知っているから、強調・誇張表現などを駆使して、ちゃんと聞いてもらえるようにしようとする。

性質上、激しい喧嘩の後でも誰かを恨み続けることは難しく、好きでない人でもある程度容認できてしまう。
(あまり密接に関わる必要がない場合。)

また、不安なことはオープンにしておきたいタイプでもある。

「黙って見て見ぬ振りをすれば解決するよ」みたいな考え方は最悪で、問題を悪化させるだけだと考えている。

超ざっくり言えば、人と仲良くする能力。

タイプ別強さ

意識 無意識
ENFJ, ESFJ ENFP, ESFP
やや強 INFJ, ISFJ INFP, ISFP
やや弱 ENTJ, ESTJ ENTP, ESTP
INTJ, ISTJ INTP, ISTP

内向F Fi

関連語

好き・嫌い、礼儀、道徳、善悪、エチケット、共感、同情

セリフ

人生には他人との調和が必要。

最も重要なのは、人生、そして人間関係の理想的な状態を明確にすること。

倫理、モラルは非常に大事。

実際の人間関係も、この理想状態に合ってなくてはならない。

解説

誰かの発言などを受け、人と人の間の「距離」、そして「XさんとYさんの関係は良好か?」を認識する能力。

この機能が強い人は、友人や家族と仲良い関係を作り、維持するように努めている。

また、他人の気持ちに対して敏感であることを重視している。

そのため、誰かと親密になり得るのかを検証するために、自分の奥深くにある感情を表に出し、それを相手が敏感に察知してくれるかを試すこともある。

また、感情を伝える時には、「自分がどう影響されたか」という表現をすることが多い。

例:「なんか辛い気持ちになった」

一方で、Feは、「あれはひどかった」というように、対象そのものを指すことが多い。

タイプ別強さ

意識 無意識
INFP, ISFP INFJ, ISFJ
やや強 ENFP, ESFP ENFJ, ESFJ
やや弱 INTP, ISTP INTJ, ISTJ
ENTP, ESTP ENTJ, ESTJ

外向S Se

関連語

権威、影響力、欲、競争、意思の力、アクティブ、テリトリー、積極性

セリフ

人生は常に戦いで、激しい活動に満ちている。

意思の力を鍛え、身体の状態を整えて、瞬時に反応をすることで、いつでも優位を取れるように備えることが大事。

解説

対象の中にどれくらいの力、影響力が潜在しているかを知る能力。

即座に影響を与えられるような、直接的な行動をしていたい。
(Se を重視しない人にとっては、イライラすることもある。)

Se主導は、Si主導と違って強そうな雰囲気があって、顔にそういったオーラが出ている人も多い。

自身の欲を満たすことにも敏感で、「何かを得られる」とか「現実世界に影響を及ぼしうること」については、可能性を検討したがる。

状況そのものを楽しむのではなく、目標達成のために、状況や人を変えたり、時には屈服させる能力がある。

「快」を得るために「不快」を退けるような能力です。

タイプ別強さ

意識 無意識
ESTP, ESFP ESTJ, ESFJ
やや強 ISTP, ISFP ISTJ, ISFJ
やや弱 ENTP, ENFP ENTJ, ENFJ
INTP, INFP INTJ, INTJ

内向S Si

関連語

調和、快適、健康、満足、恒常性、平穏、くつろぎ

セリフ

精神的均衡のためには、周囲にある全てのものが、良いバランス、満足感を持ち、調和する必要がある。

身体的健康と、美学、快適さ、満足感が非常に大事。

解説

感覚を内部化して、それを詳細に経験する能力。

今起きている物事との直接的な繋がり(物理的、肉体的な交流)や、物理的過程にフォーカスする。

また、自分の内部の身体的状態、健康や、自身の周囲の環境との最適なバランスもよく分かっている。

Seとは違い、自分自身のニーズにフォーカスしている。
(Seは「何が必要か」、「何を手に入れる必要があるか」を認識する、という風に外的要素に動かされる)

Se とは違い、Siは衝突を避けたがるので、可能な限り他人の嗜好に合わせようとする。
(それが彼らの「快」を妨げない限り)

また、Si主導の人は、目標達成のために自身に厳しくするよりも、楽しく活動をしていたい。

「好きこそ物の上手なれ」的な発想であり、楽しんでやっていれば、長い目で見れば上達すると考えるためだ。

そのため、目標は外部からの要求や制限を受けて決められるのではなく、その人の本質的なニーズに沿っている必要があると考える。

他人にも、やりたくないことを無理にやらせることはない。

のんびりして、気楽で、感じがいいように振る舞おうとするタイプで、衝突するよりも、共存したいと考えている。
(自分の「快」が脅かされない限り)

「快」を得るために「不快」を避けるような能力です。

Se が「イキる能力(強さ)」ならば、Si は「謙虚に振る舞う能力」とも表現できます。
(Se の悪口ではない。)

タイプ別強さ

意識 無意識
ISTJ, ISFJ ISTP, ISFP
やや強 ESTJ, ESFJ ESTP, ESFJ
やや弱 INTJ, INFJ INTP, INFP
ENTJ, ENFJ ENTP, ENFP

外向N Ne

関連語

可能性、ユニーク、新奇性、不確実性、探索、未知

セリフ

人生で最も面白いことは、新しくて、楽しいことを見つけ、魅力的な機会を発見すること。

そして、面白い人と出会い、突飛なプロジェクトを考えつくことだ。

世界は発見すべき神秘と秘密に満ちている。

解説

可能性を認識し、新たな機会を創り出す能力。

他の人の才能、生まれついての性質を認識し、異なる意見の間の一致点を見つけ出し、アイディアを生み出す能力でもある。

知的好奇心に導かれて行動し、他人の好奇心も刺激する。

全ての方法を検討するよりも、まず試してしまいたい。

やや「多動的」とも言える。

好奇心や想像力が掻き立てられるような、一風変わった話題について議論するのを好む。
(例えば、火星への移住とか)

一見すると無関係なものの間に繋がりを見出すことも得意とする。

タイプ別強さ

意識 無意識
ENTP, ENFP ENTJ, ENFJ
やや強 INTP, INFP INTJ, INFJ
やや弱 ESTP, ESFP ESTJ, ESFJ
ISTP, ISFP ISTJ, ISFJ

内向N Ni

関連語

予感、予測、因果関係、ロマンチック、神秘、時間に伴う発展、計画、過去と未来、物事の過程を見抜く力

セリフ

主も価値があるのは、豊富な想像力による無限の支配である。

想像は決して退屈にはならない。

なぜなら、そのおかげで、新しい考え、示唆、イメージが、魔法のように、簡単に現れるからだ。

想像のおかげで、過去の暗闇や、遠い未来の霧の中を掘り下げることができる。

それによって、世界全体を把握し、物事の過程・傾向を捉え、最終的な結果を予測することができる。

解説

時間の経過とともに、ある過程がどう展開していくか(1つの出来事が他の出来事にどう繋がるか)を認識する能力。

過去や未来についてのビジョンを持ち、対象との間の、目に見えない関係性を見出す。

Ni主導の人は、「将来自分の人生がどうなっていくか」についての、はっきりしたビジョンを心の中に持ちたがる。

それもあって、「今を生きる」とか、「今を最大限楽しむ」ということはほとんどしない。

純粋な「レジャー活動」や「遊び」のようなことにはあまり取り組まない。

そのようなことをする時でさえ、精神的に努力を要したり、競争的な側面を含むものを好むことが多い。

タイプ別強さ

意識 無意識
INTJ, INFJ INTP, INFP
やや強 ENTJ, ENFJ ENTP, ENFP
やや弱 ISTJ, ISFJ ISTP, ISFP
ESTJ, ESFJ ESTP, ESFP

まとめ

いかがでしょうか。
8つの心理機能について纏めましたが、これはあくまで概要であり、個人によって表出・発現の仕方は異なります。
(育ち、文化、教育を含む、多くの要因が影響するとされています)

少し抽象的で難しかったかもしれません。

次回はソシオニクスの”モデルA”を用いて、「この8つの心理機能がそれぞれの性格タイプでどう現れるのか?」を書いていきたいと思います。
(それを読めば、各心理機能の理解が深まるかと思います。)

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*