ソシオニクスの自我ブロックについて 〜モデルA解説〜 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソシオニクスは人間を16タイプに分けて終わりではありません。

そこから更に踏み込んだ、”モデルA”では、タイプ別の心理機能の働き、そしてそれに基づいた、タイプ間の相性論へと発展していきます。

今回は、モデルAの中で重要な役割を担う、自我ブロックの2つの機能について紹介していきます。

モデルAのその他のブロックについては下のリンクから。
>> 超自我
>> 超イド
>> イド

Sponsored Link

ソシオニクスのモデルAとは

モデルAとは、人間の精神構造を8つの心理機能を用いて表したモデルです。

モデルAでは、精神構造を4つのブロックに分けており、そのそれぞれが2つの機能を持ちます。

そして、性格タイプに応じて、異なる配置で8つの心理機能が割り振られます。

今回はその中でも人格に大きな影響を与える、自我ブロックの2つの機能についての解説です。

↓8つの心理機能についての解説はこちら

【MBTI・ソシオニクス】心理機能8つの解説

第1機能 主導する機能

もっとも強い影響力を持っていて、「主導する機能」などと呼ばれたりします。

その人の性格タイプのかなり大部分を決めている機能です。

その人の内向、外向タイプと一致します。
(外向型(E)の人であれば、Te, Fe, Se, Ne のどれかですし、内向型(I)ならその逆です。)

人間は、世界についての情報をこの機能を通して得ます。

そのため、思考、行動、そして時には職業さえもこの機能によって決まります。

8つの全機能の中で、人間の人格においてもっとも決定的な要因となる機能です。

それだけ中心的なので、この機能と矛盾するような行動を取ってしまった場合は、それについてしばらくの間くよくよしたり、悩んだりしてしまいます。

非常に、受け入れがたい、最悪のミスをしてしまったように感じてしまうんですね。

その人にとって、強い影響を与えているのがこの機能なので、無理もありません。

以下に、①主導する機能によって悩む例を示します。

Te(ESTJ、ENTJ)

なぜ部品が壊れていたのに気がつかなかったんだ…

Ti(ISTP、INTP)

こんな簡単な問題も解けないなんて…

Fe(ESFJ、ENFJ)

ああ、どうしてあんなに理性を失って叫んだりしちゃったんだろう…

Fi(ISFP、INFP)

どうしてあの子が病んでるのに気づいてあげられなかったんだろう…

Se(ESFP、ESTP)

言い負かされた自分の弱さが許せない…

Si(ISFJ、ISTJ)

どうして息子の健康状態をケアしてあげられなかったんだろう…

Ne(ENFP、ENTP)

あんな機会を逃すなんて自分はなんてバカなんだ…

Ni(INFJ、INTJ)

あれがああいう結果になるってことぐらい、なんで分からなかったんだ…

>> 上記8つの心理機能の解説はこちら

第2機能 創造する機能

第2機能は、「創造する機能」などと呼ばれます。

第1機能に次いで、これが性格タイプにおける、もう1つの支配的な機能となっています。

人間の生産的・創造的な活動は、常にこの機能と一致しています。

そのいうわけで、「創造する機能」などと呼ばれているのです。

例えば、外向Fは、周りの人と喜び、悲しみをシェアしたり、共感したり、あるいは鼓舞したいという欲求を生み出します。

内向Sなら、快適さや、くつろぎを作り出そうとしますし、内向Tなら、新しい理論を生み出そうとします。

①主導する機能が人の性格プログラムをきめているとすれば、②創造する機能は、その実行方法を決めているという感じです。

言い換えれば、②創造する機能を手段として使って、①主導する機能の主目的を満たしていく、という感じですね。

2つの機能についてざっくりと分かったところで、それぞれのタイプに当てはめて考えてみましょう。

タイプで見るモデルAの自我ブロック

4つのグループごとに見ていきましょう。

>> 4つの性格グループについての解説

なお、カッコ内がソシオニクス表記となっています。

現実主義者グループ (S & T)

ESTJ (LSE) 〜幹部タイプ〜

①Te、②Si のタイプ。

このタイプにとっては、事実・現実が最も大事です。

物質世界に存在するものの特性について理解しておくことが絶対に必要だと考えています。(①外向T

しっかりと注意深く行動し、常に高い質を維持し、快適な環境を作り出すことで(②内向S)、現実世界に貢献することが理にかなっていると考えています。

ISTJ (SLI) 〜管理者、職人タイプ〜

①Si、②Te のタイプ。

このタイプの周りの全てのものは、美的で、快適で、調和していて、バランスが取れていなくてはなりません。(①内向S

この目標達成のための最も確実な方法は、高い質の、信頼できる成果を生み出すことなのです。(②外向T)

ESTP (SLE) 〜起業家タイプ〜

①Se、②Ti のタイプ。

このタイプの人は、「世界は力によって支配されている」みたいな考え方が好きで、勝利のためなら、他人に対して力を行使します。(①外向S)

そして、どのような状況においても、論理的な計算や考えを使うことで、勝利が得られると考えています。(②内向T)

ISTP (LSI) 〜巨匠タイプ〜

①Ti、②Se のタイプ。

このタイプは、物質的な世界でも、人間関係でも、全てのものはあるシステムに従わなければならないと考えています。(①内向T)

もしもこのシステムがかき乱された場合には、秩序を取り戻すために力(あるいは意志の力)を行使します。(②外向S)

研究者グループ (N & T)

ENTJ (LIE) 〜指揮官タイプ〜

①Te、②Ni のタイプ。

このタイプの人は、全ての行動は常に現実・事実に依存しており、それらに影響されると考えています。(①外向T

そのため、現実を管理・改善し、うまく扱ったり、時間を最大限に有効活用することが重要です。(②内向N)

INTJ (ILI) 〜建築家タイプ〜

①Ni、②Te のタイプ。

このタイプの人は、世界は、果てしなくて、流れがあり、多面的なものだと考えています。

世界の状態は常に移り変わるものだと考えているのです。

このタイプの人の目的は、色々な事象が終わりなく流れていく中で、自身の居場所を見つけ出すことです。(①内向N)

強みを発揮するのに最適なタイミングが正確に定まった時のみ、行動することに意味があると考えています。(②外向T)

ENTP (ILE) 〜討論者タイプ〜

①Ne、②Ti のタイプ。

このタイプの人にとっては、世界は、ユニークな機会をもたらしてくれるような謎に満ちています。(①外向N)

そして、根源となる規則や秩序を見つけ出すことによってのみ、謎を解明し、得た機会を活用することができると考えています。(②内向T)

INTP (LII) 〜論理学者、分析家タイプ〜

①Ti、②Ne のタイプ。

このタイプの人は、全ての出来事の下には何らかの法則が隠れており、それを見つけ出さなくてはならないと考えています。(①内向T)

そのためには、物事や事象に隠れた本当の意味をできるだけ深く洞察する必要があると考えています。(②外向N)

社交主義者タイプ (S & F)

ESFJ (ESE) 〜領事館タイプ〜

①Fe、②Si のタイプ。

このタイプの人の全ての行動のモチベーションは、感情から来ます。

最も重要な価値基準は、ポジティブな感情です。(①外向F)

ポジティブな感情を増すために、色んなことを手配し、快適な雰囲気を作り出し、プレゼントをしたりして人を楽しませたり喜ばせたりします。(②内向S)

喜んでもらうためなら尽くしたり、世話を焼いたりも厭わない感じですね。

ISFJ (SEI) 〜擁護者タイプ〜

①Si、②Fe のタイプ。

このタイプにとって最も重要なのは、調和、「快」、そして楽しいことをする機会です。(①内向S)

そのような「調和」していて「楽しいこと」は、友達を招いて、みんなで幸せな時間を共有することによって感じられるのです。(②外向F)

ESFP (SEE) 〜エンターテイナータイプ〜

①Se、②Fi のタイプ。

このタイプの人は、自身の影響力を広げていったり、力や名声を得たいと考えています。(①外向S)

この目標を達成するために、周りの人(時にはその弱点)をうまく操る必要があると考えています。(②内向F)

ISFP (ESI) 〜冒険家タイプ〜

①Fi、②Se のタイプ。

このタイプの人は、人生には、人間関係の調和、モラルや倫理の遵守、伝統の尊重が必要だと考えています。(①内向F)

このような価値観を守るためなら、多大なる努力を費やすことも厭わないと考えています。(②外向S)

人道主義者タイプ (N & F)

ENFJ (EIE) 〜主人公タイプ〜

①Fe、②Ni のタイプ。

このタイプの人の人生は、感情や、ドラマチックな経験無しには成立しません。(①外向F)

そのために、周りの人の想像力を魅了し、感情に作用するようなアイディアを見つけ出そうとします。(②内向N)

INFJ (IEI) 〜提唱者タイプ〜

①Ni、②Fe のタイプ。

このタイプの人にとって最も重要なものは、自身の想像力です。

それがあることによって、過去や未来を見通し、世界の全体像を認識し、事象の本質を捉えることができるのです。(①内向N)

他人を感情的に鼓舞することで、自身が内向Nで認識した、望ましい行動を取らせます。(②外向F)

ENFP (IEE) 〜広報運動家タイプ〜

①Ne、②Fi のタイプ。

このタイプにとって最も面白くて、魅力的なことは、物事に潜む可能性や、物事が向かう方向を予知することです。(①外向N

周囲の人を感情でもってまとめ、自身が認識した可能性の実行へと向かわせます。(②内向F)

INFP (EII) 〜仲介者タイプ〜

①Fi、②Ne のタイプ。

このタイプの人は、人生には、人間関係の調和、モラルや倫理の遵守、伝統の尊重が必要だと考えています。(①内向F)

そのためには、自分の内部の精神的な能力を研鑽し、人々の中に潜む本当の価値を見つけ出す必要があると考えます。(②外向N)

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、ソシオニクスのモデルAにおける、自我ブロックの、①主導する機能、②創造する機能について解説していきました。

①が目的で、②がその実現方法、といった感じになっています。

書いてて思ったんですが、INTP(LII)の僕としては、やはりESFJ, ISFJ は癒される感じがありますね。

自分の超イドの機能(INTPなら、Fe、Si)を自我に持っている相手には魅力を感じやすいようです。

そこらへんの相性論の話については、また別記事で紹介しようと思います。

モデルAのその他のブロックについては下のリンクから。
>> 超自我
>> 超イド
>> イド

ソシオニクスの記事一覧はこちらから

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*